HRV(心拍変動)バイオフィードバック

HRV(心拍変動)とは

一般的には、心拍は規則正しく打っていると考えられています。そして、それが健康の証であり、不規則になることが不整脈・不健康であると考えられていますが、これは間違いです。心拍は不規則で、脈と脈の間隔は、速くなったり遅くなったりしているのです。これを心拍の可変性、もしくは、心拍変動(Heart Rate Variability/HRV)と呼びます。

heartbeat

この心拍変動を心電図で示すと、上図のようになります。
つまり、脈と脈の間隔が、0.859秒、0.793秒、0.726秒のように変動しているということです。心拍変動とは、このように、心拍数が速くなったり遅くなったりすることで作り出されるリズムなのです。
このHRV(心拍変動)を縦軸、時間を横軸にしてグラフ化したものが下記の図となります。

2


自律神経とHRV(心拍変動)

それではどうして、心拍数は速くなったり遅くなったりするのでしょうか?heartbrain
その答えは、自律神経系における「交感神経」と「副交感神経」の相互作用にあります。
交感神経と副交感神経は、いわば、車の「アクセル」と「ブレーキ」の役割を果たしていて、交感神経が高まると、心拍数はあがり、副交感神経が高まると、心拍数は下がります。
一般的には、ストレス刺激によって交感神経が高まると、自律的に、副交感神経がそれを抑えようと働きます。強いストレス刺激にさらされると、アクセルとブレーキが同時に踏まれるような事態になり、心拍リズムが乱れるのです。


HRV(心拍変動)とストレッサー

ストレス状態では、下図のとおり、心拍数は、時間の経過(左から右)につれて「速くなったり」「遅くなったり」を非常にランダムに繰り返しています。

chaos

一般的に、ストレス状態(緊張・不安・いらいらなど)に陥ったとき、一般的には「冷静に」「落ち着いて」「前向きに」考えることで、その状態から抜け出そうと試みることができると考えられています。しかし、ストレス状態が軽微であれば、このように感覚的(意識的)にただ思うことによって、その状態を打破することもありますが、絶対に負けられない試合や失敗できない試験、発表会などの極度のストレス状態においては、そう簡単にはその状況を打破することはできません。

人はストレス状態において、ストレッサーを感知すると、脳の視床下部という部位からの信号によって、自律神経系(交感神経と副交感神経の交互作用)に影響を及ぼし、心拍リズムを乱してしまいます。

heartbrain5 jpg
実は、この乱れた心拍リズムが、脳の認知機能に影響を及ぼし、落ち着いて考えることを阻害するのです。

heartbrain2 jpg

反対に、心拍リズムが安定していれば、 脳は十分に機能するようになります。

heartbrain1 jpg

ストレス状態に陥ったときに、まずは心拍リズムを安定させる(コントロールする)ことで、この乱れた心拍リズムによる脳への悪影響を取り除き、集中して考える(前向きに考える)ことを可能にするのです。


「HRVバイオフィードバックトレーニング」

emwavepcHRVバイオフィードバックトレーニングは「心拍変動」をフィードバックすることにより、自身の「心拍(変動)のコントロール」を目指していきます。

当協会では、HRV(心拍変動)を測定するため、米国ハートマス社製のemWaveシステム(センサー)を使い、耳たぶや指先から「容積脈波」の状態を解析します。具体的にはセンサーは、耳たぶや指先の毛細血管に赤外線を照射し、その反射より取得された情報から、へモグラビン量を測定し、その増減からHRVを測定します。
その測定したHRV数値を特殊なソフトを使って解析・データ化(可視化)し、そのデータを「その場で」「わかりやすく」生体情報をフィードバックすることにより、「確実に」「効果的な」トレーニングとなります。

さらに、上記の「心拍と自律神経の相関性」(=「交感神経」が働くと血管中のへモグラビン量は減少し、「副交感神経」が働くと血管中のへモグラビン量は増大すること)から、HRVバイオフィードバックトレーニングは「自律神経を整える」ためのトレーニングとも言うことができるのです。


体験セミナー、講座についてはこちら
HRVバイオフィードバック体験セミナー
HRVバイオフィードバックトレーナー集中講座

最近の記事

  1. team-807300_640
  2. team-807300_640
  3. heartbrain
  4. s-GV075_L
  5. EEG
PAGE TOP